料理学校に通うことで調理師免許が手軽に取得できる

調理の道を究める

違いとは

専門学校で取得することができる資格として調理師免許があります。パティシエの場合はこのような資格を必要としませんが、将来的に自分の店を持ちたい方は、資格を取得しておくと良いでしょう。

学校に通う

レディ

料理学校に通うことで調理師免許を取得することができます。基本的に調理師免許とは食品の調理技術の発達を図る為の免許です。国民の食生活の向上を目的としており、国家資格として認定されています。料理学校は調理師免許を取得するのには便利な学校なのです、一般的に調理師免許を取得するには調理師としての業務を2年以上続けなければいけません。そして、試験を受けるのにも自分で試験会場を探して申込を行う必要があるのです。このような手続きは既に社会で働いている方にはとても手間が掛かり、試験を受けるのも難しい場合があるでしょう。また、調理師免許を取得するには試験に合格する必要がありますが、試験勉強をしなければなりません。働きながら試験勉強をするのは体力的にも精神的にも大きな負担が掛かるでしょう。場合によっては身体を壊してしまう恐れもあります。しかし、料理学校に通うことで専門的な知識や技術を効率良く勉強することができるのです。身体や心にもそれほど大きな負担は掛からないでしょう。集中して勉強することができるので、試験に合格する確率もあがります。また、専門の料理学校に通うことで通常、2年以上現場で業務を続ける必要もなく、1年間学校に通うことで試験を受けることができるのです。短期間で調理師免許を取得することができるでしょう。その為、実際に社会に出て働く頃には既に調理師免許を取得した状態で働くことができるのです。これから調理師免許を取得しようと思っている方は、料理学校に通うことを考えてみましょう。

条件について

メンズ

調理師免許という資格を取得するのに必要となる条件や書類は様々です。実務経験証明書は必ず必要になります。また、実務経験として認められる条件も様々なので、覚えておくと良いでしょう。

合格率

婦人

調理師免許は専門学校で勉強することで取得することができます。全体の合格率としては60パーセント程で、試験を受けた方の半分以上が合格していると言えるでしょう。それほど難易度は高くない試験なのです。