料理学校に通うことで調理師免許が手軽に取得できる

男女

条件について

メンズ

調理師免許という資格を取得するには必要な書類を準備しなければなりません。とくに必要な書類として実務経験証明書があります。調理師になるために資格取得を考えているかたはチェックしておきましょう。まず、専門学校に通わない場合は、二年間の実務経験を行った後で試験に合格する必要があります。試験を受けるには願書と同様に実務経験証明書が必要となるのです。この実務経験証明書とは飲食店などで2年以上働いた事を証明する書類のことを言います。基本的に飲食店で働いている場合は飲食店の店長や責任者の印鑑が必要になるでしょう。実務経験は勤め先を退職していたとしても有効になります。また、勤務期間を偽造した場合は免状不実記載罪として罰せられることになるので注意しましょう。免状不実記載罪の場合は、1年以上の懲役、又は20万円以下の罰金が課せられてしまうのです。調理師免許などの資格を取得するのに必要な実務経験証明書ですが、実務経験として認められる仕事が決まっています。職種や勤務時間などについて知っておくことが大切です。まず、国から許可を受けている施設でなくてはなりません。飲食店営業や惣菜製造業、魚介類販売業などの職種で、満2年以上勤務する必要があります。また、給食センターで働く場合は学校や病院、工場などが含まれます。給食施設や量などで継続的に20食以上、または1日に50食以上作ることが条件となるのです。正社員ではなく、アルバイトやパートの場合は週4日以上で1日6時間以上働く必要があります。調理師資格を取得しようと考えている方は覚えておきましょう。