料理学校に通うことで調理師免許が手軽に取得できる

男女

違いとは

シェフ

専門学校では様々な専門分野について学ぶことができます。一般的に有名なのが調理師の専門学校でしょう。パティシエになるための勉強もできます。基本的にパティシエと名乗るには必須とされている資格はないのが特徴です。パティシエとは元々男性の洋菓子職人の事を指す言葉で、女性の洋菓子職人はパティシエールと呼びます。国内では、男女問わず洋菓子職人のことをパティシエと呼ぶのです。ケーキ屋さんや洋菓子店、大手のお菓子メーカーやホテルなどでパティシエは活躍しているでしょう。小規模な店であれば1名から2名のパティシエで経営している場合もあります。大規模な店であれば、全ての工程を役割分担している場合が多いと言われているのです。例えば、生菓子や焼き菓子専門のパティシエがいたり、盛り付けや生地のみを作るパティシエもいます。パティシエになるためには、上記でも説明したように資格は特に必要ありません。専門学校では技術などを教わることができますが、パティシエの資格を取ることはないのです。一方で調理師と名乗るには資格が必要になります。この資格を持っている方がパティシエを名乗ることはできますが、資格を持っていないパティシエが調理師と名乗ることはできないのです。基本的に将来独立を考えている方は専門学校で調理師免許を取得しておくと良いでしょう。一般的な料理に関しての基礎的な技術を教わることができます。また、専門学校ではパティシエは専門職として学びますが、調理師は調理全般のプロフェッショナルと考えて良いでしょう。